料金表

トリセツ制作の料金に関わる要素

トリセツの制作料金は、掲載するコンテンツの量や工数、難易度、作業者の熟練度によって左右されます。
案件にあわせて、お見積もり時にご相談させていただきます。

制作ツールWord
PPT
InDesign
Illustrator
Prezi
FrameMaker
動画オーサリング
WEBツール 等
ページランク(難易度)Aランク(ページ工数8時間以上)
Bランク(同1~8時間)
Cランク(同1時間未満)
目的社内/社外
製品/サービス/業務
トリセツ/ヘルプ/チュートリアル/Wiki
教育・ラーニング
プレゼン(ビジネス/製品紹介/会社案内)
言語日本語
日本向け英語
各地域向け英語
中国語 等
利用コンテンツテクニカルイラスト
一般的なイラスト
動画
マンガ
見せ方PC/WEB
冊子/Paper
シート/ペラ
スマホ/アプリ
色数1色
2色
フルカラー(CYMK)
フルカラー(RGB)
初稿制作後の修正回数通常は2~3回

初稿作成後に、作成方針が変更になる場合は都度相談

付加価値ストーリー性
ファンを増やす
ユーザー体験
活用法最適化
ボリューム(量)1 ページ(換算)
2~16
17~64
65~128
129以上
ページサイズA4(タテ・ヨコ)
B5(タテ・ヨコ)
シート
特殊サイズ
WEB
アプリ
特急料金となるものお見積もり段階で、実営業日日数を工数が上回った場合。
その他特殊な作り方により、人員や行程を大きく変更しないといけなくなった場合。

 
 

当社の費用に対する考え方

不当なダンピング防止のため、下記のご依頼・案件はお断りします。

  • 価格交渉後の値下げ要求
  • 着手後、価格調整の無い状態での作業追加
  • 過去に請求未払い履歴があり、問題が解決していない企業の案件

「トリセツなんて誰でも書けるから安くしてよ。」

ということを何度か直接見聞きしてきました。

しかし、

わかりやすい、扱いやすい、役に立つトリセツを作ることができるプロフェッショナルは少数であり、あらゆるジャンル・業界を横断的に取り組んできた実績やスキルを品質に反映できるのは、弊社のみです。
 
 

いまどのくらいコストがかかっていますか?

トリセツのコストは見えにくいものです。

トリセツ制作のコストを考えるときに、御社でかかっている見えないコストを合わせて考えてみてください。