トリセツは究極のコミュニケーションツール

 
 

品質の高いコミュニケーションを実現するトリセツ

 
人と人とが接するコミュニケーション。

たとえば、活気のある商店街では商品を買うときに、売る人と買う人との間でさまざまなコミュニケーションを交えて買い物が行われます。

鮮魚店では「今旬の魚が入ってるから、煮付けにしたら美味いよ!」、八百屋では「アイスプラントというしょっぱい野菜、食べてみてよ!」などと、スーパーでユーザーが手に取ってレジでお金を払う買い物とは異なるコミュニケーションを体験します。

現代でこそ、そういったコミュニケーションを体験する場面は少なくなりつつありますが、「より実感のある」コミュニケーションがユーザーの満足感につながることは言うまでもありません。

さらに、ユーザーの指向にあわせた、画一的でなく品質の高いコミュニケーションが理想とされます。

弊社では、トリセツを「ユーザーとの究極のコミュニケーションツール」と考えており、製品やサービスの供給元とエンドユーザーとの間で、より実感があり、品質の高いコミュニケーションを実現させます。