活用できるトリセツ

「困った」に寄り添い、最短経路で解決するのが活用できるトリセツ

 

トリセツは全員が読むわけではない

問題が発生したとき、ユーザーの「困った」を解決する最も有効な手段は、トリセツにおいては(物理的な)対応スピードではないと考えています。

対応スピードを求めるエンドユーザーはどの業界であっても一定数必ずおられますが、まずサポートセンターに連絡する傾向があるため、トリセツのコンテンツを見ないのです。

しかし、トリセツで手を打たない訳ではありません。

トリセツを見ない人にはウェブやサポートセンターの連絡先がすぐにわかるようにフォローしたり、手元のトリセツで解決できるように思いとどまらせるフォローもできます。

 

解決までの経路が少なく、ユーザーの使い方に寄り添った選択肢があるトリセツ

例えば、目次のページで、自分のやりたいことがすぐわかることは「困った」につながるでしょうか?

ユーザーの使い方は、企業が事前に想定はしているのですが、意図しない使われ方をされることもあります。

ユーザーの使い方は、1種類ではありません。多種多様な考え方があれば、使い方もさまざまです。

弊社の制作するトリセツでは、トリセツ全体の冊子構成や目次構成、文章やレイアウト、単語レベルの表現に至るまで、実際のユーザーの使い方を想定し、制作します。

ユーザーの「困った」だけでなく、「できたらいいな」にも対応します。

最短経路の解決ができることで、結果的に最速で問題が解決することにつながり、「探しやすい」トリセツと評価されるようになります。

「活用できる」トリセツについてはこちらもご参考ください。弊社運営サイト「トリセツのトリセツ」。